【Rollei35】TessarとSonnarってどっちが良いのか作例比較!

35mm Film Camera

この記事をご覧の皆さんはRollei35の購入を検討している人が多いと思います。

元祖高級コンパクトカメラのRollei35。ハーフサイズカメラと同等のポケットに入るサイズなのにフルサイズ。
しかもフルマニュアルです。

今若い方の間でも人気の機種ですよね。

そこで購入にあたり迷うのがTessarレンズかSonnarレンズか。

そこで実際にRollei35(Tessar)とRollei35SE(Sonnar)同じ絞り同じシャッタースピードで写りにどんな違いがあるのか比較してみました!

使用フィルムはKodak GOLD200です。


レンズのスペック

まずTessarとSonnarでは2点違いがあります。

  1. 開放F値の違い
  2. コーティングの有無

開放絞り値の違い

Tessarは開放F値はF3.5に対しSonnarは開放F値はF2.8となります。

したがってSonnarの方が明るくてボケやすいレンズと言えます。

コーティングの有無

Tessarはコーティング無し。Sonnarはローライ独自のHFTコーティング

HFTコーティングがあることによって逆光時のゴースト、フレアが出にくいだけでは無色乗りが良くなります。

なのでHFTコーティングはカラーフィルムで撮ったときにその威力を発揮します。

作例比較

Rollei35 SE F4 1/500

Rollei35 F4 1/500

2つの写真にあまり違いはありませんが、Rollei35 SEの方が若干色が明るい印象です。

Rollei35 SE F11 1/500

Rollei35 F11 1/500

F11まで絞った写真になりますが、2つの写真には明らかな違いはないように思います。

Rollei35 SE F5.6 1/500

Rollei35 F5.6 1/500

こちらはF5.6の写真。あまり違いはないように思えますね。

Rollei35 SE F4 1/500

Rollei35 F4 1/500

こちらは違いが出てきたんじゃないかなと思います。
ピンクのジャケットの色味がSEの方がより濃く出ています。後ろのボケ味も若干違いがありますね。

Rollei35 SE F5.6 1/500

Rollei35 F5.6 1/500

どちらとも髪の毛の細かいところまで解像していますが、色はやはりSEの方がより濃く写っています。
Rollei35の方は背景のボケがやや流れている印象です。

Rollei35 SE F5.6 1/500

Rollei35 F5.6 1/500

これはフレアとゴーストの出方が明らかに違いが出ました。これはコーティングの効果が出ていますね。
ただ今はフレア、ゴーストも一つの味として捉えられていますので、どちらが良いか好みが分かれるところだと思います。

Rollei35 SE F5.6 1/500

Rollei35 F5.6 1/500

こちらも盛大にゴーストが出ています。

Rollei35 SE F3.5 1/60

Rollei35 F3.5 1/60

Rollei35 SE F4 1/500

Rollei35 F4 1/500

Rollei35 SE F4 1/500

Rollei35 F4 1/500

Rollei35 SE F3.5 1/60

Rollei35 F3.5 1/60

Rollei35 SE F3.5 1/60

Rollei35 F3.5 1/60

こちらの写真はRollei35の方が周辺光量落ちが出ています。

Rollei35 SE F4 1/250

Rollei35 F4 1/250

こちらの写真もRollei35の方が周辺光量落ちが目立ちます。

Rollei35 SE

Rollei35

まとめ

いかがでしたでしょうか??

Rollei35 SEはコーティングのおかげで色乗りも良く、よく描写されていました。

Rollei35はトイカメラのような周辺光量落ちやフレア、ゴーストがあったので個性的な描写でした。

違うフィルムだとこれらの個性がより活きるものもあるかもしれません。

あなたのお気に入りのRollei35を選んで見てはいかがでしょうか!?

コメント